車のフッ素コーティングについて

車のフッ素コーティング剤


【お客様からよく言われることは】
●今まで洗車からワックス掛けまで、 3時間前後掛かっていたものが、加工後は、水洗いして、拭き取るだけなので20分程度。
●今までのようにしょっちゅうワックス掛けをする必要がなくなった。
●部分的な 汚れも、濡らしたタオルで軽く拭き取るだけで済む。
●鳥のフンなども濡れたティッシュで 水を含ませてやると、スベルように落ちてしまう。
●車を購入してから3年経っている のに、「この車新車?」と言われることがある。
●とにかく日頃の手入れがカンタン。

カーリンス ロイヤルカーリンス

■洗車の後、保護剤はなにか塗りますか?
何もされないと表面の劣化を早めます。
車のボディは紫外線、酸性雨、排気ガス、 ホコリ、潮風などさまざまな汚染を受けています。

■ワックスとコーティング剤どちらを選ぶ?
両者を比較すると効果の持続期間、光沢の質感などが違います。
光沢の質感は好みに よって意見の分かれるところ。
ツヤツヤな仕上がりを求める人は、ワックスを好むし、自然 なツヤを求める人はコーティング剤を選びます
樹脂が強固に定着するということでは、コー ティング剤にはかないません。
また作業性についてはコーティング剤もワックス と同じくらいしやすくなっています。
どちらも塗って拭き取るだけです。

ただ、フッ素コーティングとワックスとではツヤの質感以外の差が 大きく、汚れが付きにくいことや長期にボディを保護するという点では、フッ素コーティング剤 をお奨めします。

フッ素コーティング剤ロイヤルカーリンスの特徴

●ツヤ出しとコーティングが同時にできる
普通コーティングする場合、まず最初にコンパウンドで下地処理をします。
この磨く作業で、洗車では落ちない汚れを落とし、水垢や小キズも除去します。
表面も平滑に、スベスベにして、 ツヤ、光沢を出します。

それからコーティングに移ります。

この面倒な下地処理とコーティングを同時にできるのが、当店のフッ素コーティング剤「ロイヤルカーリンス」です。
しかも持続性が1年持つので有難い。

■コーティングの方法

*
洗車後、スポンジに液剤を適量付け、縦・横交互に数回擦り、すぐにマイクロファイバークロスで拭き取ります。
これで 終了です。
一度にコーティングする範囲は、ボンネットだと半分コーティングしたらすぐに拭き取るようにします。
あまり広範囲に 広げてコーティングすると拭き取りにくくなります。この作業を繰り返し、全体を仕上げます。

カーリンス ロイヤルカーリンス(300ml)
(専用スポンジ1個付き)
【価格】: 5,860円(税込)

数量 

*従来品より100ml増えました。その分価格も上がっております。
*

お客様からご感想を頂いています。

フッ素コーティング剤を購入してから半年に一度の割合で3回使用しました。
愛車は新車のころと変わらぬ輝きで満足しています。汚れも付きにくく、通常は水洗い洗車のみで十分です。
コストパフォーマンスが非常に良いと思います。
北海道帯広市:I.Sさん


■この商品を買った人は、こんな商品にも興味を持っています。

タイヤワックスコートEX
タイヤワックスコートEX(150ml)
鉄粉除去剤
鉄粉トリーナー(500ml)(鉄粉除去剤)
ガラスクリーナー
ガラスクリーナー(200ml)

↑ PAGE TOP