釣具にもフッ素コーティングすることで便利性向上

釣具にもフッ素コート

竿

フッ素の撥水効果を利用

中級、高級な竿の中には、水をはじくようにコーティングされたものがあります。そのよう な竿でも、長年使っていると、コーティングの膜が取れてきて、水をはじかなくなります。メ ーカーによっては、手元から数えて第2節目をわざとザラザラにして、道糸のベタツキを抑 えるように工夫された竿もあります。

途中で雨が降ってきて、道糸の出が悪くなっ て、思い通りのポイントに仕掛けが届かないという経験はおありでしょう。そういうときはイ ライラしますね。もう止めようかと思う時があります。せっかく遠くから時間をかけて来てい るのに止めるわけにはいきません。かといって、仕掛けが思うように飛ばないのでは、釣りに なりません。

こんな思いをしないように、竿にフッ素コートしておくと、あ なたのリズムで快適に釣り続けることができます。

竿の汚れはサッと一拭き

また、釣りの後の手入れの時に、竿についた汚れや塩分、水分もサッと一拭きするだけで、 簡単に取れてしいます。家に帰ってまた拭きなおす手間がいりません。

ファミリーフィッシングでサビキ釣りをして、アミエビが竿やリールにこびりついて、 それを落とすのに難儀したことはありませんか。そういった時にも、簡単に落ちます。乾い てこびりついてしまったアミエビでも、水で濡らしたティッシュで拭いてやるとすぐに取れ ます。


竿のツヤが復元!

かなり使い込んだ竿であっても、塗装面は新品に近い状態まで復元し、輝きが戻ってきます。 ただ、キズ自体は修復されないので、そのまま残ります。このキズは、「長年の戦歴の証し」 だと思って諦めてください。本当は、新品の時からコーティングしておくといつまでもキレイ な状態を維持できます。

玉網

玉網

新品の時は、タモの出もスムーズですが、これも長年使っていると、出にくくなります。 釣座の高低にも左右されます。高い位置からだと、垂直に近い状態なので、問題はないので すが、低い位置からの取り込みは、水平に近い角度になるので、スムーズに出にくくなりま す。
いずれにしてもタモですくうのは大物ですから、こんな時にモタモタしていたら、 根に入られて、ハリス切れでハイ!サヨウナラ。せっかくめぐり会えた大物を、腕が悪くて 逃したのであれば、諦めもつきます。しかし、タモの出が悪くて逃してしまったら目もあて られません。
もし最近タモの出が悪くなったと感じた時は、暇を見つけてコーティング しておかれると、いざという時にきっと役に立ってくれます。
表面がツルツルになるの で、サッと出てくれます。

撒き餌シャク

最近は集魚剤を使うのが主流なので、どうしても粘りが出るため、マキエシャクにくっつ きやすくなります。カップの部分に突起をつけたり、溝を入れたり、穴をあけたりして工夫 されたシャクもありますが、それでもくっつきます。解消する方法として、マキエをすくう 前に、ビニールバケツの海水に一旦つけてからすくうとシャク離れがよくなります。
も うひとつの方法はカップにコーティングすることで同じ効果がでます。

遠投のポイントを攻める場合、狙ったポイントにマキエが行かないと、無駄になるだけ でなく、魚を散らす原因になります。
フカセ釣りにとって、マキエシャクのシャク離れ を良くしておくことは重要です。

クーラーボックス、リール

クーラーボックスの場合は、後始末の時便利だし、リールの場合は、塩分の影響で塗装 が剥げたり、メッキ部分のサビから守ってくれます。

このように、日頃から手入れしておけば、釣場で予想されるトラブルも軽減され、 釣具によっては、その性能も引き出してくれます。

フッ素コートの特徴

今まで述べてきたことをまとめると

  • 汚れがつきにくい
  • サビが付着しにくい
  • 塗装面の風化を防ぐ
  • 塗装面が変色しにくい(紫外線に強い)
  • スベリが抜群によくなる
  • 表面を保護する
  • キレイな状態を長期間維持する

イメージは下図のようになります。

フッ素コートミクロの世界

フッ素の粒子は、0.2ミクロンで本当に小さな粒子です。一見光沢があるように見える物でも、 ミクロの世界では、表面にはピンホールというごくごく小さな穴があいています。その穴があ ると汚れが付きやすいのです。その穴がある限り、洗剤でキレイに拭き取ってもまた付きます。 この穴を汚れを取ると同時にフッ素で埋めてしまうことによって、汚れは付きにくくなります。 汚れが表面に乗っている状態になるので、簡単に拭きとってしまうことができるのです。そし て、凹凸の部分がなくなるので、スベリは抜群によくなります。物質の中では、氷の次によく すべるものと言われています。

釣具のコーティング方法とコート剤

室内用フッ素コーテ
ィング剤1プロ仕様本格派コーティング剤 『ビューティーコートU』
製品のご案内をする前に、フッ素コートの仕方をご説明いたします。

1.スポンジを用意。スポンジを水で湿らせます。硬く絞っても、水が垂 れない程度。

2.容器をよく振って湿らせたスポンジに適量つけ、2〜3回こす る。フッ素をすり込むような感じで、少し力を入れて下さい。竿のような細いものにコー ティングするときはスポンジは薄いものを使用し、使いやすい大きさに切って、指で両側 からはさんで、こすって下さい。大量に塗布する必要はありません。よく伸ばして下さい。 伸びが悪くなってきたら、水を数滴、手水で補給してください。

3.フッ素が乾く前にスグ乾いたタオルなどの布で、すり込むように数回 よく拭き取って下さい。これは、余分なフッ素を拭き取るだけなので、フッ素が取れてし まうことはありません。これで完了です。拭き取る時、タオル(又は布)は常に乾いた面 を使うようにして下さい。拭き取っている時に、表面がツルツルになるのが体感できると 思います。これがスベリの効果です。
コー ティングした箇所としてない箇所を乾いた タオルでこすってみて下さい。その効果が確かめられます。
尚マイクロファイバーク ロスの場合、繊維が細いのでタオルのようにツルツルする体感はできませんが、別に問題 はございません。

(コーティングのポイント)
●コーティングする時に少し力を入れるのは、 ピンホールに入り込んでいる汚れを掻き出し、フッ素樹脂と入れ替えるためです。
● また、拭き取る時に少し力を入れるのは、掻き出した汚れと余分なフッ素樹脂をキレイに 拭き取るためです。

(注意事項)
竿の穂先にコーティングするときは、細心の注意が必要です。 薄いスポンジを両側からはさんで、根元の方から穂先の方へ(太い方から細い方へ)一方 向でこすって下さい。往復こすると、折れる可能性があります。その時、力は少しゆるめ て、ゆっくりこすって下さい。拭き取る時も同様に、太いほうから細い方へ、一方向で拭 き取って下さい。

穂先へのコーティング

何回も釣行すると、フッ素の効果はなくなってきますので、再度同じ作業をして下 さい。そうすることによって、いつまでもベストな状態をキープできます。

釣具に最適なフッ素コート剤のご注文は下記から

フッ素コーティング剤
・ビューティーコート

プロ仕様の本格的な フッ素コート剤
商品名:「ビューティーコートU」
内容量:300ml
【販売価格】:6,264円 (税込)

数量 

この商品は、本来釣具だけでなく、色々なもの にコーティングできます。車のボディ、車内のダッシュボード、家具、皮製品等々。素材と しては、木、金属、プラスチック、皮など。日頃よく汚れが付いて困る所にコーティングし ておくと、手入れが簡単です。

購入方法

インターネットでのご注文は上の買い物カゴから購入してください。
ファックスでもご注文ができます。
■ファックスで注文 する
代引き手数料と送料は無料とさせて頂きます。そして、今回申し 込まれた方には、私どもプロがやっているフッ 素樹脂の効果をさらに長持ちさせる方法」をお教えします。先程 説明したコーティングの方法だけでも十分ですが、この方法を使うことにより、さらに持続効果が30%アップします。

またささ やかですが、硬めの基目の細かいコーティング用スポンジもお付けしておりますのでご利 用ください。

もしまだ保護剤をお持ちでないのでしたら、この機会にプロ仕様の コーティング剤を一度お試しください。少しでもこのフッ素コートがあなたのお役に立て れば幸いです。


| 特定商取引法に基づく 表示事業所案内

↑ PAGE TOP